MENU

↓↓生着率95%以上の自毛植毛!↓↓

自毛植毛を手術してから生えるまでにはどのくらいの期間が必要?

薄毛治療の中でも、人気の自毛植毛ですが、手術を行えば、すぐに生えてくると思っている人も少なくありません。ただ、実際には、ある程度まとまった髪の毛が生えるまでには、手術後約半年〜1年ほどの期間が必要となります。

 

手術直後には、移植した髪の毛があるため、髪の毛は増えていますが、移植後1ヶ月ほど経つと、移植した髪の毛は徐々に抜け落ちてしまいそこから2ヶ月ほどは髪の毛が生えない状態が続きます。自毛植毛の流れをきちんとわかっていない場合、この段階で手術が失敗したと思う人もいますが、通常、移植してから、3〜4ヶ月経つと産毛が生え、他の髪の毛と同じように伸びてきます。

 

1ヶ月に1センチ程度しか伸びませんから、半年後には2センチ、1年後には8センチほど伸びるという計算になります。

 

人工毛植毛とは違い、自毛植毛は手術を受けからすぐに生え揃うというわけではなく、髪の毛が頭皮から生えてくるまでには、一定の期間が必要です。人工毛植毛は、術後すぐにふさふさの髪の毛を手に入れることができるのが大きな魅力ですが、1年ほど経つと自然と抜け落ちてしまい、理想の状態を維持するために、定期的にメンテナンスを行わなければいけません。結果的に自毛植毛よりも、高い費用がかかってしまうケースも少なくありません。